地区防災計画制度の緊急セミナー

お問合せ

令和2年度7月豪雨にみるコロナ禍時代の地区防災計画のあり方  〜命を守る早期避難と避難所運営の課題・対策〜


開催概要

 近年の災害が激甚化と多様化する中で、平成26年より始まった地区防災計画制度は、全国で取組が進みつつあります。この計画を策定した地区の中で、被災経験のある地区では、被害の軽減効果が現れ、開設された避難所においても地区住民が主体となって、効果的に運営している所も見られます。
 近年、地球温暖化によると思われる豪雨災害が多発し、今年も九州を中心に豪雨災害で多くの人命が失われました。また、今年に入りコロナ禍により、従来の避難に対する考え方、避難方法、避難所運営等では、分散避難、在宅避難を始め、避難所における3密(密閉、密集、密接)対策による感染症防止の徹底が求められています。
 このような状況下では、従来の雨量等の基準以上での防災Mapや避難計画、また、自然災害だけでなく、感染症対策を含めた避難所運営への対応が求められています。
 以上のことから、これからの地区防災計画を策定する上で、喫緊の課題である複合災害への対応を考慮した地区防災計画策定の普及・促進を図ることを目的として本セミナーを緊急開催します。


開催日時

令和2年8月27日(木) 14:00-17:00


開催方法

リモート開催(YouTube配信等)
参加費無料
※アクセス方法に関しましては後日追記いたします。


参加対象者

地区防災計画に関心のある自治体職員、防災リーダー 等



プログラム

時間内容
14:00-14:05挨拶 一般財団法人関西情報センター 専務理事 田中 行男
14:05-14:45講演1
「令和2年7月豪雨およびコロナ感染予防対策を踏まえた地区防災のあり方」(仮題)
 兵庫県立大学減災復興政策研究科長 教授 室崎 益輝 氏
14:45-15:15講演2
「コロナ禍に対応したこれからの避難所運営のあり方について」(仮題)
 兵庫県立大学地域ケア開発研究所 教授 増野 園恵 氏
15:15-15:35講演3
「令和2年7月豪雨被災地の福祉施設と特別支援学校」(仮題)
 一般社団法人福祉防災コミュニティ協会 福祉防災上級コーチ
 兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科 博士後期課程 湯井 恵美子 氏
15:35-15:55講演4
「益城町(熊本県)における感染症を考慮した避難所運営について」(仮題)
 益城町まちづくり協議会 理事 西 真琳子 氏
16:00-17:00パネルディスカッション
テーマ「命を守る早期避難と避難所運営の課題・対策」


モデレーター 
 兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科 准教授 澤田 雅浩 氏
パネラー
 兵庫県立大学減災復興センター研究科長 教授 室崎 益輝 氏
 兵庫県立大学地域ケア開発研究所    教授 増野 園恵 氏
 一般社団法人福祉防災コミュニティ協会 福祉防災上級コーチ
  兵庫県立大学大学院減災復興政策研究科 博士後期課程 湯井 恵美子 氏
 益城町まちづくり協議会 理事 西 真琳子 氏
※プログラム内容は一部変更される可能性があります。予めご了承ください。

お問合せ

一般財団法人関西情報センター 社会ビジネス創出グループ
〒540-6305 大阪市中央区城見1丁目3番7号 松下IMPビル5階
nstaff@kiis.or.jp   TEL 06-6809-2174 FAX 06-6809-2093


お申込み


お申込み受付は終了しました。多数の方にお申込みいただきましてありがとうございます。



ページトップへ戻る