「楽しみの近未来VR/AR展示商談ビジネス研究」オンラインOPENワークショップ

開催概要


 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、展示会やイベントの開催が困難となり、VR等による仮想空間上の経済活動の可能性に大きな期待が寄せられています。
 近畿経済産業局では、Afterコロナ時代、更には「2025年大阪・関西万博」を見据え、次世代の展示商談機能とそのビジネスモデル及び知的財産権処理について「楽しみの近未来VR/AR展示商談ビジネス研究」と題しオンラインによる公開ワークショップを開催いたします。
 本事業では、最新のメタバースやデジタルヒューマン、デジタルキャラクタの現状をご紹介すると共に、展示商談ビジネスの未来イメージを議論し、また専門家を招聘し、そのビジネスモデルについての可能性や、知的財産権等の留意点等について議論いたします。

開催日時
2020/12/17(木)
14:00~16:00

会場
オンライン開催(定員無し)
YouTubeによるライブ配信
※視聴方法はお申し込み頂いた方にメールにてご連絡いたします。

参加費
無料

【12/17追記】
12/15(火)14時までにお申込みいただいた方に、視聴方法に関するご案内メールを送付しております。
 未着の場合は事務局までお問い合わせください。
12/15(火)14時以降にお申込み頂いた方には、お申し込み後に送付される「お申し込み確認及び視聴方法のご案内」メールにて
 視聴方法をご案内しておりますので、ご確認をお願いいたします。

当日プログラム



14:00 開会
【インプットセッション】

問題提起
4年後の展示商談機能への期待
近畿経済産業局


講演
コロナ下での展示ビジネスの現状

株式会社新産業文化創出研究所
所長
廣常 啓一 氏

講演
みんなのメタバース空間
株式会社メタバーズ
代表取締役社長
島谷 直芳 氏

講演
驚きのデジタルヒューマン
デジタルヒューマン株式会社
代表取締役
荒尾 和宏 氏

講演
魅力のキャラクタコンテンツ
株式会社エンジンズ
取締役
足立 靖 氏

※当初、予定しておりました株式会社エンジンズ 取締役 足立靖様はご都合により欠席となりました。申し訳ございません。


講演
次世代XR展示技術に関する著作物等の権利処理や利益配分の在り方等について
インテリクス国際特許事務所
所長・弁理士
上羽 秀敏 氏

【ディスカッション】

議論内容(予定):
ITベンチャーの考える近未来の展示商談ビジネス
コロナの動向を念頭に、上記ベンチャーが近未来の展示商談ビジネスのイメージを提案

コメンテーター:
株式会社新産業文化創出研究所 所長 廣常 啓一 氏
インテリクス国際特許事務所 所長・弁理士 上羽 秀敏 氏
16:00 配信終了

参加お申し込み

お申込みは締め切りました。沢山のお申し込みを頂き、ありがとうございました。

主催

経済産業省近畿経済産業局
(事務局 一般財団法人関西情報センター)
※本事業は「令和2年度VR/AR/MR&知財活用セミナー・ワークショップ事業」(経済産業省近畿経済産業局請負事業)の一環として実施いたします。

お問い合わせ

一般財団法人関西情報センター イノベーション創出支援グループ
TEL: 06-6809-2142
E-mail: rstaff@kiis.or.jp