第1回
IoTへの実装を考える

BLOCKCHAIN MEETUP OSAKA概要

インターネットにも匹敵するほどの革新といわれる「ブロックチェーン」は、既存のビジネスを効率化するだけでなく、新たなビジネスモデルを創出できる全く新しいデータ管理の技術・手法として注目を集めています。

仮想通貨やICO等に関連した投機に注目が集まる一方で、「流通(もの・情報)」「認証」「シェアリング」「トークン」等、幅広い領域での活用が期待されており、国内でもビジネスへの実装に向けた取り組みが着実に進んでいます。

そこで、第1回「ブロックチェーンMeetUp」では、ブロックチェーンの活用が有力視されるIoT分野をテーマに、技術やサービスモデルを紹介します。また、来年2月頃には、経済的価値の新たな流通手法として注目される「トークンエコノミー」をテーマに第2回を開催します。

参加対象

エンジニア、スタートアップ経営幹部、サービス開発者、オープンイノベーション担当

会場

billage OSAKA
大阪府中央区本町4丁目2-12
Google MAP

参加費

無料
ただし懇親会参加費は1,000円/人
※懇親会への参加をご希望の場合は、下部参加申込フォームの懇親会参加にチェックを入れてお申し込みください。

定員

120名
※応募者多数の場合は抽選となります。
申込締切12/7日、12/14までに抽選結果をご連絡いたします。

講演プログラム

  • 基調講演
    ブロックチェーンとAzureがもたらすテクノロジーとビジネスの未来

    廣瀬 一海 氏
    日本マイクロソフト株式会社
    インテリジェントクラウド統括本部
    Azure Technology Solutions Professional

    ・ブロックチェーンとは?そもそも何につかえるか?
    ・ブロックチェーンを構成する主な技術(ハッシュ関数、デジタル署名等)
    ・スマートコントラクトと分散アプリケーションD-Appsの概念紹介
    ・BaaS(Blockchain as a Service)の紹介
    ・様々な業種や分野でのAzure Blockchainの活用事例

  • 事例紹介1
    経済価値をもつモビリティデータ活用時代の到来
    〜MaaS、個人情報銀行の社会実装について〜

    岡本 克司 氏
    カウラ株式会社
    代表取締役CEO

    非金融領域でのブロックチェーン(BC)の利活用を促進すべく、BCのコア技術にフォーカスするほか、実証実験のプラットフォームの提供等も行っています。また、オックスフォード大学と連携した先端技術調査や、不足するBC関連人材の育成も展開。今回は、次世代モビリティー(MaaS)の実現に向け、EV(電気自動車)バッテリーのライフサイクルマネジメントを中心に、自動車関連データの経済価値を高めるサービスの開発や、モビリティ分野のデジタル・トランスフォーメーションを加速するために設立した一般社団法人ABCC(オートモーティブブロックチェーンコンソーシアム)の活動についてご紹介します。

  • 事例紹介2
    ブロックチェーン2nd Layer技術とIoT

    栗元 憲一 氏
    株式会社Nayuta
    代表取締役CEO

    劾ayutaでは、IoTとブロックチェーンを組み合わせたシステムを開発中です。特にLightning Networkと呼ばれる即時決済技術の開発に力を注いでいます。IoT領域でのブロックチェーンの応用やLightning Networkに関する講演を行います。

  • パネルディスカッション

    <モデレータ>
    竹田 匡宏 氏
    株式会社幻冬舎
    編集本部


    <パネリスト>
    廣瀬 一海 氏
    岡本 克司 氏
    栗元 憲一 氏

  • 交流会

    同会場にて講師・モデレータの皆様を交えての交流会を実施いたします。
    ※参加費1,000円/人 要事前申込

Free HTML5 Templates by freeHTML5.co

廣瀬 一海 氏

日本マイクロソフト株式会社
インテリジェントクラウド統括本部
Azure Technology Solutions Professional
愛称「デプロイ王子」。10歳からコンピューターに触れ、1997年からOSSやLinuxを活用した、 インターネット向けサーバシステムの設計や無停止設計、分散設計と構築などを担当する。 日本医師会総合政策研究機構(日医総研)客員研究員、日本コンピューター梶A クラウドサービスの角nop CTOやアイレット クラウドパック事業部 シニアソリューションアーキテクトを経て、 2015年12月から日本マイクロソフトのAzureテクノロジソリューションプロフェッショナル。 2010年 Install maniax3 5位/2011年 Install maniax4 2位/2011年 Install maniax5 優勝/ 2012年/2013年/2014年/2015年にMVP Award Program Microsoft Azure受賞。2018年 マイクロソフト創業者賞を受賞。
Free HTML5 Templates by freeHTML5.co

岡本 克司 氏

カウラ株式会社
代表取締役CEO

サンマイクロシステムズ(JAVA, Solaris)、ピープルソフト(ERP)、EMCソフトウェア部門統括(コンテンツ管理)、 コグノス(BI)など外資系企業でカントリーマネージャの要職を歴任。2008年にデータベースソフトウェアに特化したベンチャーを創設。 「神奈川県次世代を支える企業」認定。(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業 “IoT推進のための横断技術開発プロジェクト”に採択。 2017年にIoT、AIをさらに進めるブロックチェーン技術の普及と利用技術専門会社カウラを創設。 英国オックスフォード大学イノヴェーション連携、企業向けEthereum団体(Enterprise Ethereum Alliance)初期メンバー、 ブロックチェーン国際コンテスト入賞などの実績がある。
Free HTML5 Templates by freeHTML5.co

栗元 憲一 氏

株式会社Nayuta
代表取締役CEO

福岡市出身。先端SoCの開発やLSI開発のためのEDAソフトウェアアルゴリズム研究などに十数年取り組む。2011年からAndroidとハードウェアを組み合わせたソリューションを開発。 2011年 google developer dayのデベロッパサンドボックスに開発したロボットコントロールシステムが採択。IoT領域における仮想通貨、ブロックチェーン応用に可能性を感じ、2015年に劾ayutaを設立。プロトコル開発やアプリケーション開発に取り組む。 著書に「FPGAキットで始めるハード&ソフト丸ごと設計」があるほか、イーサリアムのホワイトペーパーを日本語に翻訳。
Free HTML5 Templates by freeHTML5.co

竹田 匡宏 氏

株式会社幻冬舎
編集本部

兵庫県西宮市生まれ。 現在は幻冬舎の編集者/ブロガー/Voicer。浪人して、早稲田大学入学。幻冬舎あたらしい経済編集者/記者。

参加申込

申込受付は終了しました。抽選結果は12/14にお知らせいたします。