Blockchain MeetUp in OSAKA BCMOSAKA|データ・エコシステムの創造に向けて

開催概要


 現在、個人データをビジネスに活用しようという機運が世界中で急速に高まっており、GAFAをはじめとするデジタル・プラットフォーマーに依存しないオープンなデータ・エコシステムのあり方が模索されています。
 こうした中、わが国では、個人データの自己管理の実現やデータ流通基盤の構築に大きな役割を果たすブロックチェーンテクノロジーや、「情報銀行」に注目が集まり、研究開発と社会実装に向けたPoC(Proof of Concept:概念実証)が繰り返されてきました。
 個人が、デジタル・プラットフォーマーから、データ主権を取り戻し、オープンなデータ・エコシステムが実現した先には、どのようなビジネスが広がるのでしょうか?また、それらを実現するためには、どのようなテクノロジーが必要なのでしょうか?
 そこで、第2回ブロックチェーンMeetUp in OSAKAでは、「データ・エコシステムの創造に向けて」をテーマに、個人データの自己主権化やデータ流通基盤の構築に向けたブロックチェーンの活用方法と、個人データの利活用によって生まれ得る新たなサービスについて考えます。

開催日時
2019年8月2日(金)
16:00-20:30

会場
billageOSAKA
大阪市中央区本町4丁目2-12
東芝大阪ビル8F

定員
120名
※応募者多数の場合は抽選となります。

対象
エンジニア
スタートアップ経営幹部
サービス開発者
法律家
法務担当者

参加費
無料

交流会:1,000円/人
※自由参加、要事前申込

イベントハッシュタグ
#BCMOSAKA

当日プログラム


15:30 受付開始
16:00 ■ショートスピーチ1■
MyDataと目指すべき「情報銀行」の姿

伊藤 直之 氏
一般社団法人データ流通推進協議会 理事
一般社団法人MyDataJapan 理事
株式会社インテージ エバンジェリスト

16:30 ■ショートスピーチ2■
エストニア流データ連携基盤の構築

平尾 憲映 氏
Planetway Japan株式会社
代表取締役社長/ファウンダー

17:00 ■ショートスピーチ3■
個人情報銀行の社会実装に向けて

岡本 克司 氏
カウラ株式会社
代表取締役CEO

17:40 休憩
17:40 ■パネルディスカッション■

・モデレータ
四條 能伸 氏(CollaboGate Osaka運営者、IFA株式会社 取締役CTO)

・パネリスト
伊藤 直之 氏(一般社団法人データ流通推進協議会 理事、一般社団法人MyDataJapan 理事、株式会社インテージ エバンジェリスト)
平尾 憲映 氏(Planetway Japan株式会社 代表取締役社長/ファウンダー)
岡本 克司 氏(カウラ株式会社 代表取締役CEO)

19:00 コミュニケーション・Q & A
19:30 交流会
20:30 閉会

講演者・モデレータ



ito

伊藤 直之 氏

一般社団法人データ流通推進協議会 理事

一般社団法人MyDataJapan 理事

株式会社インテージ エバンジェリスト


2008年、株式会社インテージ入社。 主に消費財メーカーの社内外データ利活用基盤構築やマーケティングリサーチ、デジタルマーケティング領域での新規事業開発に従事した後、現在はデータ流通(主に生活者主導によるパーソナルデータ流通)領域における啓蒙活動と新規事業開発を行う。Open Knowledge Japan運営メンバー。総務省「情報信託機能の認定スキームの在り方に関する検討会」委員。MyData Global founding member。




hirao

平尾 憲映 氏

Planetway Japan株式会社

代表取締役社長/ファウンダー



米国で宇宙工学、有機化学、マーケティングを学ぶ。エンタメ、半導体、IoT分野で、3度の起業と1度の会社清算を経験。カリフォルニア州立大学を卒業後、ソフトバンクに入社し、全国営業No.1など複数アワードを受賞。150万ユーザーのサイネージ端末顧客情報のデータサイエンティストとして新サービス立案に従事。2015年よりPlanetwayを創業。エストニア電子政府基盤のX-Roadを民間応用し、保険金支払いプロセスデジタル化の為、東京海上日動と飯塚病院の間をセキュアに情報連携する基盤技術を導入し、同プロジェクトで保険業界世界No.1の評価を得た。現在、法人間データ連携、情報銀行、スマートシティなどを主とし、データ個人主権時代の新インフラ展開に注力中。



okamoto

岡本 克司 氏

カウラ株式会社

代表取締役CEO


サンマイクロシステムズ(JAVA, Solaris)、ピープルソフト(ERP)、EMCソフトウェア部門統括(コンテンツ管理)、 コグノス(BI)など外資系企業でカントリーマネージャ等を歴任。2008年にデータベースソフトウェアに特化したベンチャーを創設。 「神奈川県次世代を支える企業」認定。(国研)新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業 “IoT推進のための横断技術開発プロジェクト”に採択。 2017年にIoT、AIをさらに進めるブロックチェーン技術の普及と利用技術専門会社カウラを創設。 英国オックスフォード大学イノヴェーションとの連携、企業向けEthereum団体(Enterprise Ethereum Alliance)初期メンバー、 ブロックチェーン国際コンテスト入賞などの実績がある。一般社団法人ブロックチェーン推進協会スマートシティー部会長も務める。



shijo

四條 能伸 氏

CollaboGate Osaka運営者

IFA株式会社 取締役CTO


大阪大学基礎工学部首席卒業。同大学大学院情報科学研究科にて修士(情報科学)を取得。2016年に貝astRoots執行役員CTOとして、独自仮想通貨の企画・開発、および関連サービスの開発・運用に従事。2019年より、ブロックチェーンの産業応用を目指すCollabogate Pte Ltdの大阪支部担当として、普及活動を行いつつ、大阪大学の博士後期課程学生として、ブロックチェーンの学術研究に従事。同年7月よりIFA且謦役CTOに就任。ブロックチェーンを活用したユーザ主権型の情報管理を目指す「AIreエコシステム」を開発中。

参加お申し込み

以下のエントリーフォームに必要事項を記入の上、お申し込みください。なお、応募者多数の場合は抽選となります。 抽選となった場合、7月26日ごろに抽選結果をお知らせいたします。

会社名・団体名[必須]


所属・役職


法人所在地(住所)[必須]


氏名[必須]
※複数参加の際、お手数ですが、お一人様単位でお申し込みください。


E-Mail[必須]


E-Mail(確認用)[必須]


交流会参加
参加をご希望の場合は下記チェックボックスにチェックを入れてください。

今回のMeetUpに期待すること、講師に聞いてみたいこと等をご記入ください。[必須]
※ここに記載いただきました情報に関しては、個人情報を除き講師に事前にお伝えし、講演内容の参考とさせていただきます。

その他注記事項
(事務局への質問事項等はこちらに記載してください)


個人情報の取り扱いについて[必ずお読みください]


 

主催

大阪商工会議所
一般財団法人関西情報センター

協力

billage OSAKA(株式会社MJE)

主催団体関連イベント


一般財団法人関西情報センター(KIIS)